<   2010年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

野良猫ハンター報告書 Part II

新米野良猫ハンターSeiko嬢から先日の報告書の補足分として、2匹の野良にゃんこの写真が送られてきました。

今回は黒猫と三毛猫。
いずれも初めて見る顔のようです。
黒猫のほうは昨日の報告書に載っていた「尾行にゃんこ」の可能性大。
しかし、ただ黒いだけで何だか性根悪そうな猫に見えてしまうのは私だけでしょうか。

さっき、このへんで黒はんぺん落ちてなかった?
オイラが近所の民家の台所からかっさらって来たきたやつなんだけど。
人間に追いかけられて逃げてる時にうっかり落としちゃってさー。
ハラ減ったよぉぉぉ・・・
e0141270_2120447.jpg

こっちは頭が三毛模様の白にゃんこ。

近所のスーパーでめざしが5本で150円だったから、今から急いで買い出しなのよ。
あー、やりくりが大変だわ…。
e0141270_2124191.jpg

どうやら、こちらは主婦にゃんこのようです。

彼ら(彼女ら)の今後の動向が興味深いですな。
[PR]
by ppompie | 2010-03-31 21:32 | 動物 | Comments(2)

やっぱりコレかな

e0141270_2182231.jpg

Snyder'sのプレッツェルを食べてみました。
うーん、やっぱりコレが一番慣れ親しんだ食感かな!
オーストリアやドイツのものに比べると、カリッ、コリッと密度が高くて硬めなのがいい。

おいしかった・・・けど、大量買いは控えよう。
食べ終わった後、(少し)反省しました。
[PR]
by ppompie | 2010-03-31 21:08 | グルメ | Comments(2)

笑顔

ウェイトレーニングジム066.gifで今日のトレーニングの山場を迎えた頃のことです。

広背筋のトレーニングの1セット目を終えて休憩をしていたら、ソフトボール(の監督かコーチ?)をやっている体格のいいおじさんがやってきてこう言いました。

「トレーニングがどんなにキツくても、眉間にシワをよせてやっちゃダメだよね。笑顔、笑顔~。これ(マシン)、使ってもいい?」

どうぞと勧めると、そのおじさんは「ニコニコしながらトレーニングさ!」と、けっこうな重さのウェイトでばりばりと鍛え始めました。

笑顔でトレーニング。
苦しい顔でやるよりも効果てき面のような気がするけど、なぜだろう??
理由はよくわかりませんが、たしかに一理ありますね。

…しかし、マシンジムにいると色々なおじさんによく話しかけられるような気がします。
おじさんって、世話好き?
[PR]
by ppompie | 2010-03-30 23:22 | スポーツ | Comments(2)

野良猫ハンター報告書

新米(?)野良猫ハンターのSeiko嬢から報告書が届きました。

私はこれでも一応、野良猫ハンター部長なので、新米部員には「野良猫報告書」たるものを毎月1回は提出するよう指示しています(←アホか)。

ふむふむ・・・
書類に添付されていた写真に目を通してみると、Seiko嬢は5匹の野良にゃんこを見つけてくれました。

1匹目は「木登りにゃんこ」。
ミッション・インポッシブルのように、地面へとクモのようにそろそろと降りていく瞬間を激写!
…というか、そんな気は毛頭ない表情ですね。
e0141270_219287.jpg

2匹目は「お座りにゃんこ」。
算数の宿題で割り算がどうしてもできなくて悩んでいるそうです。
ちなみに、私は今でも暗算が苦手でいつも計算機を使っています。部長のくせに、オツムは軽い…。影では秘書になめられています。
e0141270_21123477.jpg

3匹目は「追跡にゃんこ」。
ある黒猫が別の黒猫に尾行されています。
そしてその黒猫はSeiko嬢に追跡され、私はSeiko嬢をストーキングしています…というのはもちろんウソ。
e0141270_21142410.jpg

続いては「美人ブチにゃんこ」。
なぜ「美人」なのか?なんとなく、大人っぽい色気のある猫に見えたので(?)、勝手にそう呼んでみました。
人間にたとえたらちょっと陰のある壇れい?
e0141270_21172968.jpg

なによ、じろじろ見ないでちょうだい。
e0141270_21174955.jpg

ちょっと横座り~
e0141270_2118278.jpg

日向ぼっこは気持ちいいわね
e0141270_21181316.jpg

…そしてお決まりの毛づくろい!これだけは欠かせません
e0141270_21182394.jpg

しかし、色々な野良猫がいるものですな。
さてと、報告書に目を通したから、フィードバックをせねば…。
部長もあれこれ忙しいんですね、実は(うそ)。
[PR]
by ppompie | 2010-03-27 21:25 | 動物 | Comments(2)

プレッツェル

e0141270_23395244.jpg

プレッツェルは、昔からよく食べていたお菓子の一つ。
米国ではFrito-Layというお菓子メーカーのものがメジャーだったようで、私はそればかり食べていました。
プレッツェルといっても大きさはバラエティに富んでおり、一口サイズから、2~3回に分けてかじらなければならないほど大きい特大サイズまで色々。
先日、輸入食材を扱うお店で数種類のプレッツェルを見つけたので、試しに3種類を購入してみました(残念ながらFrito-Layのものは見当たらず)。

Snyder's(写真左下)は米国、Soletti(左上)はオーストリア、そしてRoland(右)はスイスが原産国です。
そういえば、チョコレートがけプレッツェル(chocolate-covered pretzel)もおいしかったな~。
甘くてしょっぱいのが特徴!

・・・しかし、お菓子は大袋で買うとおそろしいことになりますね。
少し食べて満足したら人にあげるなどして過食防止だ~
[PR]
by ppompie | 2010-03-26 23:40 | グルメ | Comments(2)

さくら

e0141270_23365025.jpg

とある民家の庭先に、小さな桜の木を見つけました。

広いとは決して言えない庭によく生えてるな~、と感心!
幸いなことに道路と庭を隔てる塀がなかったので、桜の花を間近で観察することができました。
ソメイヨシノとは見るからに違うと思いますが、なんという品種かはわからずじまい。
それにしても、きれいでした。
もう、春ですな。
e0141270_23411853.jpg

[PR]
by ppompie | 2010-03-25 23:45 | ストリート | Comments(4)

ブラックサンダー

e0141270_2336863.jpg

先週末、学校関連の飲み会で「ブラックサンダー」というお菓子をもらいました。

ブラックサンダー?
聞き慣れない方のためにご説明いたしましょう。
ブラックサンダーとは、チョコレート菓子です。
食感はクランキーにちょっと似てるかな?
チョコレートクッキーが入っているところはどこか、オレオクッキーを連想させます。
地方のお菓子かなと思いきや、これを製造しているのは東京都小平市に本社を置く中堅お菓子メーカーのY製菓。
皆さん、ご存知でしたか?(私は知りませんでした)

ちなみに、さすがに飲み会の直後にあまいものを食べる気は起きなかったので、連休明けのお昼時においしくいただきました。

けっこうイケますな、このお菓子…
あ、調子に乗ってこのまま間食しちゃいけない、いけない!
[PR]
by ppompie | 2010-03-24 23:40 | グルメ | Comments(2)

血筋は争えない

2日前の夜から風邪気味のため、少し早めに寝て明日に備えようとぼんやりとしていた昨晩のことです。
寝付くまでの暇つぶしとして、「父と私の共通点」について考えてみました。
身体的な共通点は親子であればあって当然なので、それ以外の何か、という条件付きです。

…クセかな?
似ているクセは…あるある!
たとえば、こんなこと(↓)。

・くしゃみの仕方、回数
・ものすごく機嫌が悪くなる(怒る)と無口になる
 →話しかけられても口をきかない
 →自室にこもってふて寝をする
 →夕方にプチッと切れた時は、夕食をボイコットする
 →丸一日は不機嫌状態が続く

なんだかこれじゃ、不機嫌な時の態度ばかり!!
人のマイナスなところは記憶に残りやすいのか。
いやいや、いいところはありますとも!!
今度はプラスの共通点を挙げてみよう。
e0141270_18582011.jpg

              (↑自宅にあった、残りもの(?)の薬)
[PR]
by ppompie | 2010-03-23 19:07 | 独り言 | Comments(4)

紛失

e0141270_2124317.jpg

気がつけば、この1ヵ月ほど前から自転車用のフロントライトがどこかにいってしまいました。
たいていの場合、自転車から取り外した後はバッグの内ポケットにしまっておいたり、玄関の靴箱の上などお決まりの場所に置いておくのだけど…。
どういうわけか、知らず知らずの間に紛失してしまったようです。

昼間出歩く分にはライトがなくてもかまわないけど、日が暮れた後はないと困ります。道を走っていて反対方向からくる人、自転車、あるいは車にこちらの存在を知らせておかないと、運が悪ければ接触事故を起こしかねません。

それと、そうした安全上の理由もそうだけど、ライトは暗闇を走る際に安心感を与えてくれるという意味では必須アイテム!!!小さくてもいいから、暗い夜道を照らしてくれれば安心して家路に着けそうな気がします。

ライトはいったい、どこにいってしまったんだろう…。時間のある時にもう一度を探してみようっと。
案外、思ってもみないところからひょっこり出てくることもあるしね~

P.S.
小学生の頃、遊びで使っていたテニスボールが突如として見当たらなくなったので必死に探し回ったことがあります。最終的には見つかったのですが、発見場所はなんと冷蔵庫の中!
[PR]
by ppompie | 2010-03-21 21:35 | 雑貨 | Comments(4)

洋書

e0141270_2292663.jpg

何か読めるものはないかと時々本棚を物色すると、昔買った洋書を偶然見つけて懐かしい思い出に浸ることも少なくありません。

たとえば、今年1月に91歳でなくなったJ.D.サリンジャーの代表作『ライ麦畑でつかまえて』。これは高校の授業で読みました。F・スコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』もそのクチです。ほかには同じくサリンジャーの『フラニーとゾーイー』、トルーマン・カポーティの『ティファニーで朝食を』などもあります。あ、ポール・オースター、アーネスト・ヘミングウェイ、アガサ・クリスティの小説も数冊見つけました。

そして、英語の洋書以外にはなんと、フランス語のものも数冊持っています。
ちっとも読めないくせにえらそう!
といっても、そのうちの2冊(ガストン・ルルーの『オペラ座の怪人』とバルザックの『従妹ベット』)は学生時代に教材として購入したもの。必要に迫られてのことです。ほかにはまたまたバルザックの『ガンバラ』、『マッシミルラ・ドーニ』がありますが、辞書を片手に読んでみようと一念発起して買ったものの、結局未だに読了できずに10年近く経ってしまいました。

読解力が十分でないと外国語の小説を読むのは難しいですね。
[PR]
by ppompie | 2010-03-17 22:36 | 本・雑誌 | Comments(0)