<   2009年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧

引越当日

e0141270_2357446.jpg

e0141270_2357410.jpg

午前中に無事、引越荷物の運び出しが完了!
室内はもぬけの殻。
ちょっとさみしい…かな?

しかし、引越当日だというのに、楽しいことが色々ありました。

[明日に続く]
[PR]
by ppompie | 2009-07-31 23:57 | 独り言 | Comments(0)

引越前夜

e0141270_0311229.jpg

引越がいよいよ明朝に迫った木曜日。

午前中にこまごまとした荷造り作業を進めた後は気分転換をしにスポーツクラブに行き、五反田支店長のTさんにごあいさつをしてきました。Kスポーツクラブに行くのもこれで最後か。約3年間にわたり、本当にお世話になりました。私はスポーツクラブのおかげで運動することのおもしろさを知り、充実した日々を送ることができたと思います。スタッフの皆様に感謝!

そして、夜は旧友メンバーと恵比寿のKi-Kuというワインバーで食事会を開催しました。招待してくれたのは先週、青山の骨董通りで飲んだTさんです。ワインバーというだけあってお酒の種類が豊富。お店の方にお酒の銘柄の説明を受けたけど、どこの何だかはわからず仕舞い。でも、薦められたものはどれもおいしくて最高でした。

こちらは最初に飲んだフランスのスパークリングワイン。きりっとした味わいでなかなか!ちなみに、グラスはRiedelのもの。これは『ソニアのショッピングマニュアル I』でも取り上げられているメーカーです。
e0141270_0313136.jpg

次に頼んだのは辛口の白ワイン。説明できないほどおいしい。白ワインにはめずらしい形のグラス?
e0141270_0325936.jpg

今回は私が一番乗りに会場入り(?)し、続いてTさんとMさんが到着。4人目のAさんを待つ間、写真撮影を試みることに…。
TさんとMっち。私の携帯カメラを使ってフラッシュなしで撮ると画面が真っ黒になってしまうので仕方なくフラッシュをたきましたが、うーん。。。今度は画面が白っぽくなる。
e0141270_0544672.jpg

こちらは、セルフタイマーをセットするMっち。このぼんやりとしたうす暗がりが何とも言えず美しい。
e0141270_034147.jpg

全員が揃った後はおいしいワインと食事を堪能。食事会が宴も酣となった頃、私はある「モノ」を紙袋の中から取り出しました。それは…

植木

です。引越料金を安くするために着荷日を翌日指定にしなかったせいで、植物を運搬荷物として持っていけなくなったのです。いくら頑丈な植物でも最近のこの暑さでは確実に枯れてしまうし、引越業者も運搬中の植物への水やりまではできないとのことでした(見積もり段階でそのことについては特に説明されなかったんだけどな~)。

では、ウチの植物たちをどうするか。クロネコヤマトでは植物の運送サービスはないし、これだけのために実家の父に取りに来てもらうのもどうかと頭を抱えましたが、しばらくして良いアイディアが浮かびました。

ワインバーのメンバーに(無理やり)譲ろう。

そういうわけで、サボテンだの何だのを紙袋に詰め込んで、武蔵小山から恵比寿のワインバーまでをのろのろと必死に歩いて運んでいきました。ついでに、冷蔵庫の中に見つかった野菜も。。。何だか、田舎から出てきたおばさんみたい。

おいおい、おしゃれなワインバーに変なものを持ってこないで~!とクレームがつきそうだけど、こっちは不要物を処分しようとがんばっているから、そんなことお構いなし!(←こういうことを日常的にやるとオバサン化する)。

MっちにはUnited Arrowsのショッピングバッグを進呈しました。ただし、マジックマーカーで「植木」と書いたものだけど。これはかなり不評(笑)!

何これ~!!
カッコウ悪いよ~!これを持って電車に乗るの!?

というようなことを言われました。ごめんね~、本当はこの紙袋に入れて実家まで運ぼうとしていたんだけど、まさかこういうことになるとは予想もつかなかったんだよね。だから、思い切り黒いマジックマーカーで書いちゃったのだよ。。。
e0141270_051443.jpg



というわけで(どういうわけだ)、あっという間に楽しい時間が過ぎ、そろそろ解散の時間に。
目黒駅まで一緒だったMっちを駅のホームで見送りました。
e0141270_163979.jpg

・・・(また)ほろ酔い加減でシャッターチャンスを逃してしまい、走り出した山手線をあわてて撮影!
たぶん、これがMっちだと思う(赤の○の人)。

今日も長い一日でした。

・・・と、こんな調子でブログを書いていますが、これから荷造り作業の最終局面を迎えます。。。
眠い。
[PR]
by ppompie | 2009-07-31 01:09 | 友人 | Comments(0)

ありがとうございました&ごちそうさまでした

e0141270_020568.jpg

五反田にあるPizzeria AriettaでProp CyclesのY夫妻、H夫妻、Tさんと一緒に食事をしました。

私の前途を祝ってくださり、ありがとうございました!
食事はかなりおいしく、大食いの私も十二分に満足できる内容でした。
もりもり。
これで明日(もう、今日か)も引越の最終作業、最後のスポーツクラブ、そしてワインバーでの飲み会に臨めます(←また?)。

筑波8耐の打ち上げにも参加させていただきますので、これからも変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

<Photo Gallery>
こちらは、Hさんの奥様からいただいたプレゼント。クマのキーホルダーと、フットクーラー。こちらは、足のむくみを解消してくれる優れモノ!
e0141270_0295483.jpg

そして、こちらは店長から私たちへのおみやげ。五反田のたいやきくんです。奥様のAさんによれば、オーブンレンジでカリッと焼いてから食べると絶品だそうです。おいしそう!!必ず頭から食べるように!との指令(?)が。。。
e0141270_0305643.jpg

[PR]
by ppompie | 2009-07-30 00:33 | 友人 | Comments(0)

完成!...ん?

e0141270_23574839.jpg

何だかんだと色々あってご無沙汰になっていたアートスクールに行ってきました。
花のデッサンをようやく描き終えましたが、納得のいくものに仕上がったかどうかは疑問。。。

ところで、自分の絵に集中する中、先生が別の生徒に絵の指導をする声が耳に入ってきました。

優秀な画家は、一つのまともな絵を完成させるまでに血のにじむような、人知れぬ努力を積み重ねている。
それ決して簡単にできることではないし、孤独な作業だけれど、そうした一つひとつの作業は良いものを作り上げるうえで必要不可欠であり、いつしか必ず自分の血となり肉となる。

...むむ。
絵に限らず、どんな世界でも一流になるには人の何十倍もの努力が求められるのですね。そのつらさや大変さは人目につくことはないかもしれないけれど、それは結果として必ず作品に表れ、人の心を打つ。

いいことを教わりました。
次は何を描こうかな。
e0141270_0152280.jpg

[PR]
by ppompie | 2009-07-30 00:18 | アート | Comments(0)

あやしい

e0141270_8174368.jpg

友人IさんとKさんとお昼をした後に徒歩で新宿に向かう途中、「宇宙村」というショップの前を通りかかりました。
まだあったんだ!
懐かしい。。。
そこは見るからに新興宗教っぽい、あやしい香りのぷんぷん漂うマニアックな(オタクっぽい?)お店で、以前からヘンだな~と注目していたところです。主力商品は隕石だそうですが、ほかにも変なものを売っていそうでこわい。宇宙とか隕石とかは興味あるんだけど、お店の雰囲気がちょっと、ね。。。お店の名前でインターネット検索すると公式サイト(?)が見つかりました。でも、ここにはリンクを張らないでおこう。こちらとの関連性を疑われては困るので。。。

P.S.
ショーウィンドウには「宇宙村 総本部」、「UFO」だの何だのと色々と書かれています。
[PR]
by ppompie | 2009-07-29 08:23 | ストリート | Comments(2)

四谷三丁目

e0141270_036675.jpg

               (↑左がKさん、右がIさん)

引越日まであと3日が迫った昨日、5年ほど前に勤めていた翻訳会社の友人IさんとKさんと一緒に四谷三丁目で最後の(?)ランチをしました。お店はDip Mahalという、昔「カフェ・ハイチ」があったところにできたカレー屋さんです。

四谷三丁目からは5年近くも遠ざかっていたので、町並みがところどころ変わっていてびっくり。当時はなかったお店やビルが立っていたりすると、時が経ったのだと実感させられます。

...それにしても、私は色々な場所で働いていたのだな。。。

P.S.
Iさん、チョコロールケーキありがとうございました。さっそくいただきました。大食いな私でも、1個目でかなりガツンとやられました。生クリームたっぷりなせいかな?その後、2個目に挑戦しましたが。。。
[PR]
by ppompie | 2009-07-29 08:07 | 友人 | Comments(2)

本当は・・・

e0141270_8312650.jpg

昨日アップした自転車のモノクロ写真はそこそこ撮れている一枚に見えますが、実は携帯デジカメで撮影する時にちょっと「編集」しました。

編集なしの写真はコレ(↑)!

画面の左上から光が入ってしまっています。

この写真はOlympus製のコンパクトカメラで撮りましたが、それを使うと決まって手ブレがひどかったりするので、画面に光が入ってしまったのもカメラの性能に大きく影響しているのかもしれません。とはいえ、撮影者の腕が今ひとつ、というのも否めませんが。。。

あと、この写真の下にはジム・ジャームッシュの『ダウン・バイ・ロー』(1986)のポスターが入っていました。
ロベルト・ベニーニとニコレッタ・ブラスキ。
懐かしい。
[PR]
by ppompie | 2009-07-28 08:47 | アート | Comments(0)

またやってしまった。。。

e0141270_10202958.jpg

先週の金曜日の夜、帰宅途中にあるセブンイレブンに立ち寄ったらオマケつきのPEPSI NEXを発見しました。今回はスヌーピーの「全国のおいしいものアクセサリー」。その晩は少々飲んでいたのでつい、6本も買ってしまいました。引越し間際でモノを減らしているのに、またそういうどうでもいいものを増やしてどうするの。。。

まあ、いっか。かわいいし。
...と言いながら、しばらく経つと飽きる私。
PEPSI NEXオマケ用収納ボックスでも作っておこうかな。

今回は、わんこそば、たこ、さくらえび、カステラ、のり、そして・・・酔っていて不覚にも選んでしまった、ただのPEPSI NEX。
[PR]
by ppompie | 2009-07-27 09:56 | 雑貨 | Comments(2)

写真

e0141270_931207.jpg

引越しの荷造り作業をしていたら、部屋の隅にしまい込んでいたポスターフレームに、昔撮った写真が収まっているのに気づきました(上の写真参照)。

これは確か、10年近く前に旅行でニューヨークを訪れた際、グリニッジ・ビレッジで撮影したものです。その頃はなぜか、モノクロで写真を撮るのに興味を持っていました。「モノクロ」というだけで何だかかっこいい!という理由だけだったかな?

季節は7月の猛暑で、出歩くのがきつかったと記憶しています。イースト・ビレッジのB&Bを拠点に、エッジーな雰囲気の漂うダウンタウンをより満喫できるプランであちこちを散策しました。グリニッジ・ビレッジでは、宿泊していたB&Bのオーナーの知り合いの方々と一緒にバーで飲んだりしたっけ。スクリュードライバーを頼んだけど、パスポートの提示を求められることもなく無事(?)飲めました。

当時はまだ、あのワールドトレードセンターがありました。私はそこから出ているバスでJFK空港に向かい、次の目的地のロンドンに向けて出発しましたが...。

大掛かりな片付けをしていると、こんな具合に懐かしい思い出に浸ることもできたりします。
[PR]
by ppompie | 2009-07-27 09:49 | アート | Comments(3)

ぼろぼろ!

e0141270_11325714.jpg

      (↑譲り受けてから4年間、ちらっと乗っただけで、まともに掃除もしてあげなかった自転車)

4年ほど前に兄から譲り受けた折りたたみ自転車を返すことにしました。
本当は引越荷物として実家に運ぶつもりでしたが、いざ荷造り作業を始めると思いのほかモノが多く、これ以上大荷物を増やすわけにはいかなくなったためです。

当初はその自転車を廃棄処分しようと思っていました。
見るからにボロボロだし、乗りにくい。仮に修理しても、見た目の美しさまでもを失った自転車に乗りたいという人はいないはず。その考えに異論を唱える者はいまいと思いましたが、それでも一応、前の所有者である兄にひとこと断っておこうと連絡しました。

しかし、簡単に処分するわけにはいかなくなったのです。
実は、その自転車の所有者はもともと私の兄の妻の姉の夫Cさん(ややこしい)で、どうやらCさんはその自転車を人に譲ったわけではないという認識を持っていることが最近判明しました。てっきりCさんが譲ってくれたものと考えていた私の兄からすれば、寝耳に水、といったところでしょうが。。。優に5年以上はその存在を忘れていたほどですから、たぶんそれほど重要視していなかったと思いますが、数年間ほったらかしにしていたものを、今さら「自分のもの」と主張されても正直困りますよね。でも...

Cさんは自転車を人に譲ったのではなく、いつか自分のもとに返されるという前提で一時的に貸したという認識らしい。

…とすれば、自転車がボロボロの状態だとまずいのでは?
そうした不安が兄夫婦の心をよぎりました。私の兄の妻の弟(ややこしい)が以前、Cさんに譲ってもらったと思っていた電子レンジの返却を求められ、戻ってきた電子レンジが汚れているのを見てCさんは「もうあいつにはモノを貸さない!」と激怒したそうですが、その経緯を考えると二人がビクビクするのは無理もありませんね。。。

貸したのか、それとも譲ったのかということに対する認識のズレがトラブルを引き起こしているのでしょうが、とにかく私の兄夫婦はボロ自転車をいったん引き取り、Cさんの奥様にその状態を見てもらった上でうまくごまかせるかどうか考えるとのことでした。でも、正直なところを打ち明けたほうがいいような気がするんだけど。。。

私はそのボロ自転車が兄の車のトランクに積まれて運び去られるのを見送りながら若干複雑な気分でした。
さようなら~、折りたたみくん。
[PR]
by ppompie | 2009-07-26 12:37 | スポーツ | Comments(2)