<   2008年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

タクシー

e0141270_2353945.jpg

先週金曜日の夜にタクシーがなかなかつかまらなかったことで一つ思い出したことがあります。

それは、ジム・ジャームッシュの映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』の中のエピソード。この映画はロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキの各都市のタクシードライバーたちが体験する5つの物語で構成されたオムニバス作品です。ニューヨーク編では主人公のヨーヨー(男性)がある寒い夜、NY市内からブルックリンの自宅までタクシーで帰ろうとするところから話が始まります。ヨーヨーは手を上げて懸命にタクシーを呼びますが、1台も止まる気配がなく、その状況に彼は次第に不安と苛立ちを募らせます。通りには何台もがんがん走っているのに、どれもヨーヨーを完全無視して素通り。なぜだろう。お金がないと思われているのか。それなら、と現金をちらつかせて「ほら、こんなにキャッシュ持ってるぜ!」とアピールするもまったく効果なし。しばらくして、やっとの思いで1台をつかまえてラッキー!と思ったのも束の間。ドライバーの「行き先は?」という、車の窓越しに投げられたクールな視線に対して「ブルックリン!」と答えると、そのタクシーはキキーと急発進してその場を去ってしまいました。ヨーヨーはとうとう怒りを爆発させ、TLC(タクシー・リムジン委員会)に訴えてやる!チクショー!と走り去るタクシーに向かって叫びます。かわいそうに。果たしてヨーヨーは家に帰り着くことができるのか…。でも、そこにふと、「救世主」が現れるのです。事の顛末は映画を観てみてください。けっこうおもしろいですよ。
[PR]
by ppompie | 2008-11-30 23:11 | 映画 | Comments(4)

パレスサイクリング

e0141270_22251081.jpg

スポーツクラブ主催のサイクリングサークルイベントに参加してきました。今回はパレスサイクリングです。集合時間の10:50a.m.に間に合うよう自宅を10:00に出発し、五反田、白金高輪、麻布十番、六本木、日比谷…というルートを順調に走行。約30分で集合場所の二重橋付近に到着しました。万が一道に迷った時のことを考えて早めに家を出ましたが、どうやら取り越し苦労だったようです。10:50まではしばらく時間があったので、コース内を適当に走ってみることにしました。全長3キロの短いルートなので、正直言って物足りないですね。自宅から二重橋までの一般道を走った時のほうがサイクリングをした実感があったような…。でも、コースをはさんで一方には皇居前広場、もう一方には大手町・丸の内付近のビルが見えるので、おのぼりさん気分が味わえるかもしれません。それに、コース周辺は交通制限が設けられているので、都心の真っ只中にもかかわらず静かでのんびりとした雰囲気が味わえます。

短くて単調なコースでしたが、それでも天気のいい日に自転車に乗ることができて満足でした。一通り走った後は、イベント恒例のインストラクターIさんによる「うんちく紙芝居」を堪能。今回は江戸城の天守閣に関する歴史ネタでした。ちなみに、Iさんは今後のために(?)「江戸文化歴史検定」を受け、晴れて3級を取得したそうです(検定料を自腹で支払ったのかは不明)。1級合格率は0.2%だそうです。
e0141270_22411518.jpg

こちら(↓)はKさん。Kさんは、機会があればいつもこんな風に寝てらっしゃいます。場所は問わないそうです(奥様のEさん談)。どこでも寝られるのってうらやましい。
e0141270_22443199.jpg

イベント終了後、私はいったん自宅に戻り、スポーツバイクを置いてから無印良品のママチャリで午後のスタジオプログラムに参加しました。長い一日がようやく終わり、ぐっすり快眠できそうです。

Zzz…

<おまけ>
皇居前広場です。
e0141270_22462039.jpg

無料で貸し出されている自転車。なんと、リカンベントもあります!
e0141270_22464340.jpg

こちらは子供用。かわいいですね~。
e0141270_22471776.jpg

[PR]
by ppompie | 2008-11-30 23:04 | スポーツ | Comments(2)

探偵気分 Part 2

e0141270_21385432.jpg

(こちらはこの間の木曜日にアップする予定だった記事です。アップする前に寝てしまいました…)

勤務先のオフィスの裏手にある路地は現在、自転車&バイク天国です。どこにでもある目立たない路地ですが、それでも一応公道のため、大通りからかなり奥まったところにあるにもかかわらず港区交通課(?)のチェックが厳しい。むやみに駐車した日には、知らないうちに警告文が書かれた紙切れをハンドル部分などに結びつけられてしまいます。

ところで先日の昼間、勤務先の会社の社長の電動ママチャリを拝借しようとオフィス専用の駐輪場に向かう途中、その路地に銀色のLouis Garneauが停まっているのに気づきました。そういえば以前、プラチナ通り沿いで見かけたLouis Garneau RSR IIIがプロップサイクルズで購入されたものだったのを思い出し、まさかまたそんなことはないだろうと、チラッとその自転車の車体を見てみたら、な、なんと!そうです。その「まさか」です。PROPのロゴシールが貼られていました。この辺り一帯で見かける
Louis Garneau所有者の多くはプロップサイクルズで購入しているということだろうか…(←探偵っぽい思考回路)。うぅむ。地理的なことを考えれば当然といえば当然ですが、それにしてもすごい。

ほら、ね~!(↓)
e0141270_21392834.jpg

[PR]
by ppompie | 2008-11-29 01:25 | ストリート | Comments(2)

忘年会 (Part 1?)

e0141270_105815.jpg

e0141270_1204512.jpg

ここ最近、どうも疲れがたまっていたせいか、ほぼ連日午後11時前までに就寝するという、若者にしてはありえないような生活を送っていました。そういうわけで「ほぼ日刊イトイ新聞」のようにブログを毎日アップすることができず悔しい思い(?)をしてきましたが、今日は久々にエネルギーが充電されたようで、すでに午前1時を過ぎているにもかかわらず、しっかりとPCに向かって記事を書いています。

と、前置きが長くなりました。さっそく、本題に入ることにしましょう。

すでに「昨晩」となってしまいましたが、金曜日はいつもお世話になっているプロップサイクルズで今年最初の忘年会を楽しんできました。自転車という趣味でつながった、色々なバックグラウンドを持つ人たちの集まりはいいですね。あれこれ話をしているとあっという間に時間が経ってしまいました。私は今日、母を日展に連れて行く用事があったため、ワインを遠慮してひたすら軽めのお酒である「ビール」一徹に。宴も酣の午前0時を目途にお暇してしまいましたが、残る皆さんはまだまだ週末の楽しい一時を過ごしていることでしょう。

Thank you all for the wonderful “bo-nenkai”!

しかし、色々話をしていてこの「ほんだ牧場」を読んでいる方々が意外にたくさんいたのに驚きました。「ほんだ牧場」のネーミングの由来は大したことないですが、興味がありましたらこちらをごらんください。

そして…見送ってくれた2人をばしばし撮影しました。
本当に載せちゃったぞ~。いちおう許可を取ったので肖像権の侵害になはらないはず!
e0141270_116326.jpg

e0141270_194391.jpg

e0141270_110497.jpg
e0141270_1102320.jpg
e0141270_1104540.jpg

e0141270_111225.jpg


P.S.
歩いて帰ろうと思って外苑西通りを戸越に向かってトコトコ歩き始めて10秒後、やっぱりタクシーに乗ろうと沿道に立ち止まりました。が、「空車」表示を出しているタクシーにサーッと素通りされること約10台。なぜだ…。今時のあやしい人に思われたのか。ようやくつかまったタクシーの運転手さんによれば、若い女性は色々と注文がうるさく面倒で(なにィ~!)、しかも長距離でない場合が多いため極力乗せないのだそう。し、知らなかった…。
[PR]
by ppompie | 2008-11-29 01:22 | スポーツ | Comments(4)

Venus

e0141270_23132734.jpg

ベートーベンのデスマスクのデッサンが終わったので、次はヴィーナスの彫刻で練習をすることにしました。さっそく、正確な寸法を計り、ざっくりとした輪郭を描き始めました。…が、のっけから「うーん、何かが違う」というフラストレーションに悩まされることになりました。何が違うのか。そう考えていると、その「何か」に気づきました。立体のものを描く際はまず、それを一つの塊として捉え、どこが一番明るくそして暗いかを理解する必要がありますが、私はどうもその過程を軽く流してしまい、「線」ばかりを意識して描き始める傾向があること。初めから線にこだわりすぎると絵は平面的になり、立体感が生まれなくなる。そのクセを早くも先生に指摘され、描き始めのヴィーナスを修正してみると何とか見られる絵になりました。完成度はまだ7分目あたりかな。完成するのは次回になりそうです。

こちらはベートーベンのデッサンの完成版。
e0141270_23204670.jpg

[PR]
by ppompie | 2008-11-25 23:26 | アート | Comments(0)

Quarter Pounder

e0141270_2353492.jpg

渋谷の田園都市線の駅付近でこんな広告を発見しました。

広告なんか見てるヒマあったら今すぐに行け

妙に攻撃的だな…と思いながらも見入ってしまいました。
その一瞬「え?」と目を疑いたくなるような文字のすぐ上に「Quarter Pounder」とあるのを見て、ふと『パルプ・フィクション』で登場人物のうちの2人が”quarter pound”だの”Royale with Cheese”だのとハンバーガーの話をするくだりを思い出しました。友人Iちゃんによれば、Quarter Pounderはマクドナルドの商品で、その昔に国内の一部の店舗で売られていたものだそうです。へぇ~!Quarter Pounderっておいしいのかな。Quarter Pounderの店舗は青山・表参道あたりあるらしいですが、その近辺ではKUA AINAがあるのを思い出しました。この広告の第一印象は正直あまりいいとは言えないけど、なんだかハンバーガーが食べたくなった!
[PR]
by ppompie | 2008-11-25 23:12 | ストリート | Comments(0)

Jazz live at “a bridge”

e0141270_2312668.jpg

記者・編集者の友人Iちゃんの友人HARUKArmaさんのライブを聴きに三軒茶屋のカフェa bridgeに足を運んできました。好きなジャズが生で聴けるということでるんるん気分(←古い)でしたが、三軒茶屋に着いてからa bridgeの場所を探すのに一苦労。住所からするとこの辺かな…と思われるビルの1階にある雑貨ショップの店員さんに尋ねてようやくたどり着くことができました。

お店は三元ビルというかなり古びた雑居ビルの屋上にあり、その窓からの眺めがなかなか。ライブが始まる前までに食事を軽く済ませ、ギネスをちびちび飲みながらライブを堪能しました。

こちらはIちゃん。店内のぼんやりとした照明の下で撮ったのでちょっと不鮮明だけど、美人です!
e0141270_2322724.jpg

そして、こちら(↓)がHARUKArmaさんのCD。サイン入りです。
e0141270_2324263.jpg

普段よく聴くロックみたいに音ががやがやしていないので、ブログを書く時に最適かもしれません。
[PR]
by ppompie | 2008-11-25 23:04 | 音楽 | Comments(0)

思い出の品

e0141270_22543136.jpg

私が小学校4年生になったばかりの春、父の転勤に伴い一家で米国に移り住むことになりました。たしか、現地の学校に転入するまでには2ヶ月間もの長い自由な時間があったので(いいな~!!!)、その休みを利用してアリゾナ州のグランドキャニオン国立公園に連れて行ってもらったと記憶しています。上の写真(↑)は、旅行中に両親が買ってくれたミュール(騾馬)の置物です。

あれから長い年月が経ちましたが、このつぶらな目をした2頭のミュールを眺めていると、向こう(外国)でどういう生活が待ち受けているのか分からないけど、とりあえず親について行っちゃえ!という軽いノリで海を渡った9歳の頃の自分を思い出します。海外で暮らした8年間は山あり谷ありの生活でしたが、今となっては懐かしい記憶ですね。

P.S.
大きいほうのミュールはずっと実家にいましたが、2年ほど前にこちら(都内)に連れてきました。2頭一緒にいたほうがいいかな、と思って…。
[PR]
by ppompie | 2008-11-20 23:06 | 雑貨 | Comments(2)

キャンドルホルダー

e0141270_2339267.jpg

今はなき、恵比寿の「エビスザッカ」で買ったキャンドルホルダーです。空き缶をモチーフにしたデザインが一目で気に入り、購入しました。フタが気持ちよく「くにゃっ」と曲がっていますが、実は陶製。柔らかそうに見えるけど本当は硬い。そうした遊び心のある、ユニークなところがいいですね。この中にキャンドルを入れて火を点すと、ぼんやりとやさしい光が広がり、なかなかrelaxingです。
[PR]
by ppompie | 2008-11-18 23:43 | 雑貨 | Comments(0)

やる気が出る○○

e0141270_20135928.jpg

屋内外でランニングをする時はいつもiPod Shuffleを聴きながら走っています。iPod Shuffleに入っているのは、基本的にはランニングに向いた曲が中心。「走るぞ~!」とやる気が出そうなものや、走るペースにちょうどいいリズムの音楽を意図的に多めに入れています。たとえば、最近手に入れたKings of LeonのCrawl、UnderworldのTwo Months Off、Red Hot Chili Peppersの
Dani California、Chemical BrothersのStar Guitar、Daft PunkのOne More Time
Everything But the GirlのFuture of the Future (Stay Gold) などなど。Rolling StonesやPrimal Screamの曲もいい。ただ、Neil YoungのOnly Love Can Break Your Heartみたいなスローテンポの曲もぽつぽつと入っていたりするので、ランニングまっしぐらの時に突然そういう音楽が耳に入ってくると「ガクッ」となることが…。いい曲なんだけど、走っている時には不向きですね~。そういう曲にうっかりはまると、途中で眠たくなって(え?)ペースダウンしかねない。でも、そんな時は洗足池に立ち寄るといいかも。ぼんやりできます。

と、ぼやぼやしてないでランニング、ランニング!!(たったった)
[PR]
by ppompie | 2008-11-17 22:11 | 音楽 | Comments(0)