<   2008年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

お味噌汁とレーズンクリームサンド

e0141270_22385013.jpg

今日は、外苑西通り沿いの天ぷら屋「わ田」でちょっとしたハプニング(?)が2つありました。

1つ目は、ランチメニューの天丼についてくるお味噌汁を女将さんがうっかり出し忘れたこと!今回は天丼が先に出されたのでとりあえず食べ始めましたが、お味噌汁が一向に運ばれてくる気配がない。おかしいな~。女将さんは他の常連さんとの会話に夢中だけど、まさか出し忘れるなんてことないだろう…。そう思いましたが、気づいたら天丼を平らげていました。

タイミングを見計らって言ってみよう。そう思った時、2つ目のハプニングが。なんと、女将さんがこっそり私におやつをくれたのです!それはレーズンクリームサンド。女将さんのやさしい心遣いに、ちょっと感激しました。でも、肝心のお味噌汁が~!

「あの、お味噌汁、まだいただいていないんですが…」と遠慮がちに言うと、「あ、忘れてた。ごめんね」と、ばつの悪そうな顔を見せた女将さん。わ、忘れることもあるんだ…。ガーン!後でご主人に注意されないといいんだけど、大丈夫かな。でも、ご主人は優しそうだから、いちいち怒ることはなさそう。

そういうわけで今日は、女将さんもおっちょこちょいなところがあるのだということを知りました。
でも、そんなお茶目な彼女が私は好きです。

P.S.
実は、私はレーズンが嫌いなので、せっかくいただいたお菓子が食べられませんでした。なので、その場では食べずに「後でゆっくりいただきます」とうまくごまかしてお店を後にしました。ごめんね、女将さん。子どもの頃、レーズンを一気に食べ過ぎた反動で嫌いになってしまったのです。女将さんにレーズンクリームサンドを出された時の私の心情は、ドラキュラが十字架とにんにくを突きつけられた時と同じです。
[PR]
by ppompie | 2008-05-29 22:46 | グルメ | Comments(2)

Wさん

先月、表参道のPariyaで飲み会をした時に撮った、前の会社の先輩Wさんの写真をブログに載せたところ顔はちょっと…とのお話でしたので、さっそくPhotoshopでうまく(?)加工してみることにしました。ぼかしツールで目の辺りをモヤモヤとさせたので、その画像を見て人物を特定するのは難しいはず。

でも、よく考えたらそんなふうにされた自分の顔写真をブログにアップされてうれしいと思う人がいるはずないですよね?

変に画像処理をしたほうはやめて、その代わりに顔があまりよく見えないほどの小さなサイズに変えた写真をアップしてみました。
Wさん、これでいかがでしょう?
e0141270_18271378.jpg

ミニミニサイズです!
[PR]
by ppompie | 2008-05-28 18:32 | 友人 | Comments(0)

オバマ饅頭 Part 2

e0141270_12281522.jpg

ここしばらくは米大統領選関連のニュースを積極的に追っていませんでしたが、友人Iさんからまたオバマ饅頭の写真を提供していただいたので、最新情報をインターネットでさっそくチェックしてみることにしました。ヒラリー・クリントン氏の「ロバート・ケネディ氏6月暗殺」発言をめぐって過剰反応(?)したオバマ陣営が反発の声を上げるなど、米大統領選の行方をめぐる話題はまだまだ米メディアを賑わしているようです。いい年をして「お騒がせ」なヒラリー。立場が立場なんだから、発言にはくれぐれも注意しましょうね(←他人事)。

ところで、小浜市にある和菓子屋がオバマ饅頭・ザ・後姿バージョンを発表したそうです(上の写真参照)。肖像権の問題があるため、おそらくこちらも非売品。和菓子屋さんの正規の(?)商品を買えば手に入るようですが、Iさんのお母様はこのお饅頭のためにいったい、和菓子をどれほどたくさん買われたのでしょうか。近所におすそわけでもしない限り、家中がお饅頭だらけになってしまいますね。玄関を開けたらお饅頭がなだれ出てきたりして。うっかり全部食べちゃうと家族全員が糖尿病予備軍になりそう。でも、和菓子だし、大丈夫かな。

オバマ候補の後頭部のぶつぶつとした毛穴がチャーミングでかわいい。首筋辺りのタッチが『サザエさん』の初期頃のイラストっぽく見えます。
e0141270_12283089.jpg

[PR]
by ppompie | 2008-05-28 12:28 | グルメ | Comments(2)

空 Part 3

e0141270_18101315.jpg

上の写真は数年前、伊豆の河津を訪れた際に撮影したものです。

…伊豆の河津か~、我ながらずいぶんシブいところに行ったな(独り言)。

でも、モノクロフィルムを使うと、そんなシブい河津の地もアートっぽい雰囲気になります。しかも、カラーと違って撮影者の腕が大したことなくてもそれらしく撮れる。この時は確か、Olympus製の普通のコンパクトカメラを使いました。性能はそれほど悪くないはずなんだけど、そのカメラで撮るとよくピンボケ写真になることが…。単に私の腕がぶるぶる震えていただけ?

そのカメラは現在、私の実家で隠居しています。もう、かなりのご老体なはず。長い間、お疲れさまでした!
[PR]
by ppompie | 2008-05-27 18:16 | アート | Comments(2)

夢 Part 3

e0141270_19512330.jpg

以前、シチュエーションは若干変わってもほぼ同じ内容の夢を時々見ると書きました(『夢 Part 2』参照)。

いつからそういう夢を見るようになったのか。残念ながら記憶は定かでありませんが、たぶん大学生の頃から現在に至るまで不定期に見ているのは確かです。その度に「(今のは)いったい、なんだったんだろう」と思うものの、それが何を意味するのか調べたことはありませんでした。そこで、ブログでこの話題を取り上げたのを機会に、インターネット検索でリサーチしてみることにしました。

まず、「同じ夢を見る」というキーワードで検索。すると、「ん、これはなるほど」と思うことが書かれているサイトが2つ見つかりました。

「同じ夢を見る」ということは…

サイトA
(中略)夢があなたに何か大切なことを知らせようとしているのです。警告を発しているのに改善が見られないと、夢は何度もあなたにそのことを気づかせようとメッセージを送ります。同じ夢を見る原因としては、あなたが何かトラウマ的な要素を抱えている場合が挙げられるでしょう。もしあなたが同じ夢を見ているなら、その夢には大切なメッセージが込められているはず。

け、警告?!
改善が見られないと何かあるんだろうか。
何かトラウマ的な要素?
大切なメッセージ?

サイトB
大人になっても同じ夢を見る人は、その夢に象徴される願望や不安が未解決のままとなっていることが考えられます。また、その夢が子供の頃に見た夢と同じ場合、幼児期に親との関係で何らかの問題を抱えたまま成長してしまったと考えられます。(中略)この現象は自分が何を抑圧しているのかを本人にはっきり認識させることによって、同じ夢は見なくなるといわれています。

…ふむふむ。なるほど。
私の場合、思春期を少し過ぎた頃から見始めているので、幼少期の問題ではないのは確か。何かあるとすれば、やっぱり高校時代かな。これは間違いない!

何か思い当たる節があるのであれば、その点を意識しながら日々を生きていくしかないですね。でも、先日見た夢ではエンディングが若干変わっていたので、少しは進歩があったのかもしれない。

同じ夢を二度と見なくなることが、問題解決を意味するのでしょうが、無理に先を急いでも仕方がない。マイペースに行きましょうね、ほんださん。

P.S.
上の写真は若き日の精神科医・心理学者カール・グスタフ・ユングです。
[PR]
by ppompie | 2008-05-26 19:54 | 独り言 | Comments(0)

ぐったり

e0141270_19485646.jpg

最近、だんだん気温が上昇しているのに、6月4日頃まではオフィスビルの冷房がつけられません。なので、室内がかなり蒸し暑くなっています。全身に毛皮をまとっているミニチュアダックスフントの「りんたん」は、こんなに暑くてはたまったものじゃない、と密かに思っていることでしょう。今日、ランチから戻ってきたら、りんたんがシュレッダーのそばに寝そべって(倒れて)いました。

あづー…み、水をください…。
[PR]
by ppompie | 2008-05-26 19:50 | 動物 | Comments(0)

ロックTシャツ

e0141270_10464729.jpg

私が通っていた高校は制服がなかったので、みんな私服で通っていました。色々な格好をした生徒がいる中、際立っていたのがヘビメタまたはハードロックTシャツを着ている一部のちょいワル(?)生徒。黒地にIron MaidenMegadethMetallicaSlayerAnthraxWhitesnake…などのバンド名とイラストがプリントされているものを着ていて、煙草のヤニの匂いをぷんぷん臭わせている。とはいえ、本当のワルはごくわずかで、見かけは怖くても心のやさしい、繊細な人が多かったように思います。根が真面目なのでしょう。人を見かけで判断してはいけない。でも、人となりの9割方は見かけで判断できることもある。どういう方法であれ、単純な「決めつけ」はよくない、ということでしょうか。

P.S.
私の知る限り、ロックTシャツはメンズサイズばかり充実していて、私の身丈に合ったものがなかなか手に入りません(探し方が悪いのかな?)。かっこいいロックTシャツを着ている男性を見ると「いいな~、男子は」とうらやましく思います。
[PR]
by ppompie | 2008-05-25 10:59 | 音楽 | Comments(4)

自転車の不思議

e0141270_8571659.jpg

来月、筑波8耐に出場することになりました。詳細はプロップサイクルズ店長のY氏から連絡をいただけることになっていますが、インターネット検索でまずは事前調査をしてみることに。個人的に気になるところをチェックしてみました(↓)。

車両規定:ロードレーサー、MTB(26インチ以下)、ファニーバイク、クロスカントリーバイク

ハンドル規定:ロード(ドロップ・ドロップイン・ブルホーン)可、クロカンのみストレート可、MTB(ストレート・ブラハマバー・アシストバー)可、ただし長さなどに規定あり(MTB・クロカン)、DHバータイプ不可、その他突起物の取付不可

まず、「?」と思ったのが「ファニーバイク」。何だろうこれ?と思いGoogleで調べてみると、
Wikipediaによれば「後輪は700Cのまま、前輪のみ24もしくは26インチなどの小径車輪にしたバイク」とのこと。見た目がfunnyなことからファニーバイクという名称がついたそうです。

「クロスカントリーバイク」はその名の通り、アップダウンなどが激しいコースを走行するためのバイク。

ハンドル規定に記載されていた「ブルホーン」も気になりました。bull horn?牛の角?
これは画像検索するとすぐに見つかりました。

残念ながら、ブラハマバーだけがすぐに調べられなかった。
これは何なのか。気になる!
時間のある時に改めてリサーチしてみようっと。
[PR]
by ppompie | 2008-05-24 08:59 | スポーツ | Comments(2)

Beck

e0141270_8462321.jpg

Beck。ベック。べっく。

BeckといってもJeff Beckではなく、ベック・ハンセンのほう。彼のCDは何枚か持っていますが、2005年発表の『Guero』が一番気に入っています。アグレッシブなサウンドが展開する1曲目『E-pro』にはビースティ・ボーイズの『So What’cha Want』の一部が使われていたり、『Go It Alone』にはThe White Stripesのジャック・ホワイトがベース担当として参加しているなど、底力のあるいい曲が集まった(と思っているのは私だけ?)良質のアルバムです。ベックの曲を聴きながらその日の服装を考えると、コーディネートがなーんとなくベックっぽくなることが…。音楽とファッションは連動しているのでしょうね。

P.S.
CDジャケットのイラストレーションも個性的。Marcel Dzamaというアーティストが手がけています。不思議な雰囲気の絵がいい。
[PR]
by ppompie | 2008-05-24 08:49 | 音楽 | Comments(0)

ウィンドブレーカー

e0141270_22555255.jpg

上の写真は、お気に入りのGo Lite製ウィンドブレーカー。先月のお花見サイクリングに参加した際、宴会場にうっかり置き忘れてきてしまったのですが、およそ1ヵ月半後にようやく私の元に戻ってきました。あの日はほとんど酔っていなかったにもかかわらず、不覚にもテーブルの下に置き去りにしてしまったのです。

愛用のウィンドブレーカーが私の手元に戻ってきたのは、サイクリングサークルのリーダー「あにき」のおかげ。宴会場を提供してくれたお店のオーナーに度々連絡してくれたので助かりました。あにき、いつも面倒を見てくれてありがとう。

P.S.
幸い、ウィンドブレーカーに焼肉の匂いは染みついていませんでした。よかった~♪
[PR]
by ppompie | 2008-05-23 02:33 | ファッション | Comments(0)