人気ブログランキング |

<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

CDのまとめ買い

e0141270_22581556.jpg

昨日、渋谷で映画を見た帰りにHMVに寄ってCDを物色してきました。色々試聴した結果、今回は
Radiohead、アイスランド出身のEinar Tonsbergのソロ・ユニットEBERG、そして英国の
The Hoosiersの計3枚を購入。後者の2つは今まで聴いたことのないアーティストです。

基本的にはどんなジャンルのものでも聴きますが、どちらかというとロック寄り。特に英国ロックが好きですね。王道ではOasis、The Verve、Coldplay、Ocean Colour Scene、Paul Weller、U2。ほかはFranz Ferdinand、Kasabian、Keane、Kula Shaker、Morrissey、Primal Scream、
Super Furry Animals、Thirteen Sensesなどなど。挙げたら切りがないくらいです。

CDストアに立ち寄って欲しいCDが何枚もあると、決まってまとめ買いをしてしまいます。時には一度に6~7枚買うなんてことも(このくらい普通ですかね?)。こんなことをしょっちゅうしているからお金が貯まらないんだろうな、とレジで支払いを済ませながら心の中で苦笑していますが、それはそれでいいのです!自分の感性を豊かにしてくれるものに対してお金を出し惜んでいては心が貧しくなりますから。観るもの聴くものすべてが自分の血となり肉となる。だからこそ、これこそ自らが欲していると感じたものは積極的に手に入れるべきでしょう。それは音楽以外のことについても同じことが言えると思います。

…と、まとめ買いを半ば正当化していますね。まあ、よしとしましょうか(自分には甘いな)。

さあ、CDを聴いてロックバンドのフロントマンになった気分を味わうぞ。

P.S.(1)
渋谷で観た映画はHarmony Korineの『ミスター・ロンリー』。現在、シネマライズで公開中です。昨日はその映画について書こうと思いましたが、色々思うことがあってうまく文章にまとめることができず断念。なんとも不思議な物語だったので、周囲に語れるほど自分の中で消化しきれていないせいでしょう。「もやもや」がある程度形になった時点でお話したいと思います。

P.S.(2)
『ミスター・ロンリー』の観客は外国人客がかなり目立っていましたが、邦画『全然大丈夫』の予告編で荒川良々が出てきた時、となりの外国人男性2人が突然「ぷへっ」と噴き出していました。何がウケたのでしょうか。謎です。
by ppompie | 2008-02-28 23:49 | 音楽 | Comments(0)

りんたん

e0141270_23251372.jpg

昨日は猫のみーちゃんでしたが、今日は犬の「りんたん」をご紹介します。

りんたんはうちの会社の社長が飼っているミニチュアダックスフント(メス)。彼女とも4年近くの付き合いなので、お互いにすっかり気を許した間柄です。毎朝出勤すると、走って来て出迎えてくれるのがうれしい。今日もたっぷりとスキンシップをはかり、お互いの気持ちを確かめ合いました(え?)。

ただ、甘やかし過ぎるのはワンちゃんの教育上、よろしくないようです(人間も同じですね)。かわいがってもいいけれど、それが度を超えるとわがままになったり、常にかまってあげないとさみしがってストレスを抱える原因になることもあるらしい。

今日もさんざん、りんたんにちょっかいを出しておきながらさっさと仕事を開始したので、彼女は私の足元でマウンティングを始めました(マウンティングは独占欲を表す行動の一つ)。脛にしがみつかれ、腰をふりふりされても、私はひたすら「今は遊べないの!」と言って聞かせ、りんたんを無視しました。

そして、打ち合わせのため席を立った時のこと。ふと、今日履いていたデニムの裾に目をやったら、小さなほころびが見えるではありませんか。そのデニムは今月買ったばかりなので、そんなに早くボロくなるはずがない。おかしい。なんだろう、これは…。

りんたん!

e0141270_23371344.jpg


e0141270_23373484.jpg


マウンティングがだめならこの手を…と考えたのかはわかりませんが、私の気を引こうとデニムの裾をかじっていたのです。実は、以前にも出版社の広告営業マンの方が同様の「被害」を受けたことがあり、すぐにピーンときました(ちなみに、うちの社長はその営業マンに平謝りし、スーツを弁償するはめになりました)。

まあ、私の場合はただのデニムだし、どうせいつかはボロボロになるのでまったく気にしていませんが、自分も同じ目に遭うとは…。でも、そんなことをされても純真無垢なまなざしを向けられたら、決して怒る気にはなれませんね。

でも、これからは甘やかし過ぎないよう、注意せねば…。コホン。
by ppompie | 2008-02-27 23:58 | 動物 | Comments(0)

みーちゃん

e0141270_1882483.jpg

うちのオフィスビルに住み着いている野良猫の「みーちゃん」をご紹介しましょう。

みーちゃんとは、かれこれ3年半ほどの付き合いです。今日は近所の東急ストアーでお昼ごはんを調達して戻ってきたところに、1階の階段の踊り場付近でばったり出くわしました。近頃は私を見ると「ニャ~」と甘えた声を出して擦り寄ってくるので、かわいくて仕方がありません。

おそらく、その愛らしさが彼女の生き延びる術なのでしょう。みーちゃんの食事は、このオフィスビルにいる猫好きの方々が用意してくれているので、彼女はまったくといっていいほど食べることに困っていません。1階は○○さん、4階は△△さん、といった具合に、各フロアに何かしら食べ物をくれる人がいるのです。ドライタイプのキャットフードに鳥のささみ、シーチキン、きれいなお水…そういうものが、みーちゃんが決まって立ち寄る場所(複数あり!)に置いてあります。

しかも!

食べ物だけでなく、なんと、こんなかわいいハウスまで!

e0141270_1885279.jpg


右側はなんだかモンゴルの伝統的な移動式住居「ゲル」みたいですね。当初、左側の仮ハウス(別名:ダンボールハウス)の外壁はピンク色でしたが、1月~2月初旬に雪がふったせいで、今ではすっかり色あせてしまいました。

人間の私が、交通量の多い幹線道路沿いの狭苦しいマンション暮らしなのに、みーちゃんはこんなにかわいいハウスを2つも持っているうえ、このオフィスビルの1階と2階を結ぶ階段の踊り場の下にはなんと別宅を持っている(こっちはグレーのプラスチックボックスで、あまりかわいくない)!本当に野良猫なのか?と思ってしまいますね。

すばらしいマイホームに高級グルメ(?)。そして、仕事をしなくても食べていけるなんて!まったく悠々自適でいいなーと、少しうらやましいですが、底冷えする寒い冬の夜にみーちゃんがハウスの中に丸まっている姿を見ると、やっぱり人間でよかったとしみじみ思います。個人的には、寒さだけは耐えがたいので。

毎日を普通に、しっかり生きている彼女を見ると気持ちが和みます。

がんばれ、みーちゃん。私もがんばるからね。
by ppompie | 2008-02-26 18:10 | 動物 | Comments(4)

カレンダー

e0141270_213212.jpg

昨年11月頃、勤務先の近くにあるインテリアショップGallery1950に立ち寄った時のことです。おもしろいデザインの卓上カレンダーを見つけ、つい衝動買いをしてしまいました。プラスチック製なので、紙のものと違って一年が過ぎれば捨てられてしまうことがなく、自分で日付と曜日を組み合わせていけば、半永久的に使える優れものです。

今まで日めくり型カレンダーを買っても結局めくらずじまいで、気づけば日付が2週間前だったなんてことはざらでしたが、このカレンダーならそういうことにはならないだろう…ショップスタッフの方が商品をていねいに袋に入れてくださるのを眺めながら、そう思いました。

しかし!

人間、そう簡単に性格は変わらないものです。
今年に入ってからというもの、一日も欠かすことなく日付をめくったのはただの一度もありません。3日連続でめくれていればもう、奇跡といってもいいくらいでしょう。いったい、何のために買ったんだか、と自分でも半ばあきれています。

やはり、この「日めくり行動」を毎日のルーティーンワークに組み込まなければ、日付は永遠に同じ「ある日」のままなのでしょうね。

「癖」にしてしまえばなんてことのないことなのでしょうが、癖にするまでにはもうしばらく時間がかかりそうです。というか、もうカレンダーとして使わなくても、インテリアとしてそのまま放っておいてもいいかな。

補足:
Gallery1950にはこうした小物以外に、Eamesのしゃれたヴィンテージチェアなどがたくさんあります。晴れた日には、お店の外にそうしたカラフルなチェアがずらっと並べられているので、お店の売りはこっちでしょうね。ただ、値札を見るとけっこういいお値段なので、気軽には買えませんが。
by ppompie | 2008-02-25 21:22 | 雑貨 | Comments(1)

初のブログ原稿で…

e0141270_21141935.jpg


みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
突然ですが、自分のブログを立ち上げることになりました。

学生の頃、周囲が続々と携帯電話を持つようになっても「私はいらない!」とかたくなに拒み続けた頑固者がブログを始めるなど・・・と、自分でも正直驚いています。

まあ、その時の自分が「(携帯は)必要ない」と判断したのだから、別にいいのです。要は、何をするにしても、自分にとって必要と感じた時に実行に移せばいい、ということですね。そうすれば、行為そのものに意味が出てくるし、やる気も出て、楽しく続けられるのではないでしょうか。

そういうわけで、日々の出来事で感じたこと、思ったことなどを可能な限りご紹介してまいりますので、気が向いたら是非、お立ち寄りください。

ほんだ

…と、前置きが長くなりました。

今日の写真はDavid Lynchの最新作DVD『インランド・エンパイア』(Inland Empire)です。
少し前にアマゾンで予約注文していたのですが、先日ようやく届きました。初回限定版で、本編以外に英語台本、『リンチ1』というドキュメンタリー、そしてヴェネチア映画祭配布プレス縮小版がついています。本編のみの通常版でもよかったのですが、ドキュメンタリーをどうしても見たかったので特別版にしました。まだ内容をしっかり見ていませんが、どのようにしてこの映画が出来上がっていったのかがわかる1本です。

しかし、D.Lynchは60歳を過ぎたいいおじさんなのに、常に何かを作り続けているアーティストらしく実年齢を感じさせないパワーがありますね。そんな人っていいなあ、と思ってしまいます。
by ppompie | 2008-02-24 21:26 | Comments(0)