Deadman (1995)

e0141270_1134576.jpg

デッドマン』はジム・ジャームッシュの映画。北米の原野のざらっとしたモノクロ映像が広がる、美しい作品です。ジョニー・デップ演じる主人公のウィリアム・ブレイクは痴情のもつれに運悪く巻き込まれ、自衛のために発砲したところ相手の男をまぐれで撃ち殺してしまいます。殺人者の濡れ衣を着せられたウィリアムは致命傷に近い傷を負った体で原野へと逃げ込んでいく。最初は気弱な青年だったのが、逃亡の過程で巧みなガンマンへと変貌していくところが凄い。本編すべてが素晴らしいですが、ラストシーンがなかなか。重厚です。

P.S.
この映画のサウンドトラックを担当したニール・ヤングのギターもいい。シブい。
[PR]
by ppompie | 2008-05-17 11:41 | 映画 | Comments(0)


<< 井の頭公園 Bande A Part (1... >>