緊急事態(?)発生

e0141270_2326626.jpg

今日は翻訳関連情報誌の取材がありました。

情報誌といっても一般に流通している雑誌ではなく、ある翻訳会員ネットワークがその会員向けに発行している会報誌。うちはそのネットワークの協力会社ということもあり、今回はその会報誌上で金融・経済分野を専門とするわが社が紹介されることになりました。

で、取材が無事終わり、先方と雑談していた時のこと。今日もオフィス内が暑かったのでテラスに通じるドアを半開きにしていたのですが、取材担当者の方が突然、そのドアの間から見えた景色がきれいだったのか「外の緑がきれいですね~」とテラスをのぞこうとしました。

まずい!

私は心の中で叫びました。
なぜなら、テラスには部外者に見られてはまずいものが(たぶん)あったからです。

それは、うちの社長の飼い犬であるミニチュアダックスフントの「りんたん」(メス)の粗相。オフィス内には彼女専用のおトイレシートがあるのに、最近りんたんはそこで用を足さずにテラスで勝手に大と小をしているのです。

社長は今日も仕事に忙殺されているから、りんたんのはばかりの後片づけを先延ばしにしているかもしれない。しかも、この時すでにりんたんは社長宅に連れて行かれて不在だったので、犬がいない場所にそんなものが転がっていたらいったい、どう思われるか…(変だと思いますよね、普通)。取材担当者がテラスに出ようとした時、社内に緊張が走りました。

しかし、そういうリスク(?)発生時の私たちの対応は迅速でした。社員全員(といっても私を入れて3人しかいないんだけど)が一丸となって、取材担当者の方にあれこれ関係ない話を無理やり振ってテラスへの出口から遠ざけたのです。

先方が帰った後にテラスをのぞいてみると、やっぱりありました。
ドアのすぐそばに大、少し遠くに小が。
危なかった~。

まったく、りんたん、いい加減にしてよね!!
[PR]
by ppompie | 2008-05-08 23:25 | 動物 | Comments(0)


<< 東京センチュリーライド 第29回オリンピック競技大会(... >>