文章のみがき方

e0141270_20423379.jpg

本日夕方、今月のメールマガジンを無事脱稿しました。実は勤務先の会社が毎月、金融・経済翻訳をテーマにメールマガジンを発行しており、私はその執筆担当者。メール配信後ようやく肩の荷が下り、どっと疲れが出ました。

会社のメールマガジンは真面目な話題を扱っているうえ、当然のことながら内容として完璧でなければならないため、原稿を書く時はものすごい緊張感があります。そういうプレッシャーがあるせいか、悲しいことに会社のメールマガジンは毎月いやいや書いている…。でも、文章を書くこと自体は嫌いではないので、機会さえあれば自分の文章力を向上させたいなと思っています。で、そんな時、書店で見つけたのが岩波新書刊『文章のみがき方』。この本の帯コピーに惹かれました。

 「いい文章」を書くには何を心がけるべきか?
 元「天声人語」筆者のロングセラー、『文章の書き方』に続く待望の姉妹編


ん?『文章の書き方』に続く姉妹編?

今、気づいたのですが、読む順番としては『文章の書き方』のほうが先ですよね。文章をみがく前にまずは書く基本を押さえなければ…。残念!でも、単なる読み物としてであれば、別にどっちを先に読んでもかまわないかも。

今度、書店で『文章の書き方』を探してみようっと。
[PR]
by ppompie | 2008-03-31 20:51 | 本・雑誌 | Comments(0)


<< さくら クリスマスの七面鳥? >>