ストーカー

今日はちょっと言いにくい話。

実は少し前からストーカーに付きまとわれており、どう対処すべきか悩んでいます。

ここだけの話ですが、そのストーカーには今までこんなことをされました。

ある時、ふと背後に視線を感じて振り返りました。すると、相手が大きく見開いた目で私を暗闇からじっと見つめているではありませんか。怖くなった私は一瞬、目をそらしました。なぜそんなふうに見るんだろう…これは悪夢なのだろうか?これが現実に起きていることなのか見極めるために、もう一度相手に目を向けてみました。すると、そのストーカーは私に気づかれたことに対して臆することなく、穴の空くほどさらに深く突き刺すように見つめるのです。思い切って場所を変えても、一定の距離を置きながら私の後をついてきました。

そして、この間はなんと、抱きつかれました。

それも、一度だけではありません。何度もです。

さすがに耐え切れなくなり、「やめてください!」と、思わず声を荒げました。でも、そのように「やめてください」、「困ります」などとはっきり言えば言うほど相手は付け上がり、こちらの気持ちを無視して同じことを繰り返すのです。拒絶すればするほど相手はさらに興奮し、荒い鼻息を吹きかけてきます。いくら最近スポーツクラブで上腕二頭筋を鍛えているとはいえ、あんな力でしがみつかれてはいくら腕力に自信のある私でも抵抗するには限界がある。その時はさすがに身の危険を感じました。

どうしたらそういう迷惑行為をやめてくれるのか。

色々考え、そして悩みました。

伝え方が悪いのか。
言葉が通じないのか。
やはり、「そこ」なのだろうか?

うーん、犬にはやっぱり、人間の言葉は理解できないみたいですね。

犬?
ストーカーって、人間じゃなかったの?

最初から犬のつもりでご説明していたんですが…。
どうやら言葉が足りなかったようです。
失礼いたしました。

私のことが好きで好きでたまらない、ミニチュアダックスフントの「りんたん」のことだったのです。
びっくりした?
                        だーるまさんが…
e0141270_21302787.jpg

e0141270_21305274.jpg

                        こーろんだ♪

P.S.(1)
飼い主であるうちの会社の社長には、さすがのりんたんも頭が上がらないようです。私とりんたんが格闘している最中に社長がガタンと音を立てて席を立ったりすると、彼女は決まって「ビクッ」と硬直します。怒られるのでは、と恐れているんですね、これが。
P.S.(2)
ちなみに、社長はりんたんを英語でしつけています。たとえば、「伏せ!」は「Down」。私も社長を真似てみようと、格好よく「Stay!」と命令したことがあります。りんたんはぴたっと立ち止まってくれましたが、残念ながら2秒しかもちませんでした。すぐさまこちらに駆け寄ってきて私の脛でマウンティングです。
[PR]
by ppompie | 2008-03-21 23:05 | 独り言 | Comments(4)
Commented by 初コメ ayb より。 at 2008-03-24 13:57 x
アホーーーッ!!!
気軽に10行ほど読みすすめたら、あわてて真剣にはじめから読み始めてしまったではないか〜。犬の写真がでてきたときは ( °Д°)ポカーンだよ。
Commented by ppompie at 2008-03-24 21:23
へへへ、うまく引っかかってくれた人、ここに約1名(もっといるかも)!人間でそんなことをしてくる人がいたら、迷わず一本背負いで始末するから大丈夫よ。そのためにも上腕二頭筋だけとは言わず、全身を鍛えなくてはね。
Commented by あゆみどん at 2008-04-07 20:13 x
か・な・り!面白く読ませて頂きました。さすが、文才あるね~♪
Commented by ppompie at 2008-04-07 20:18
あゆみちゃん、書き込みありがとう!うれしいな。今月はお誕生日だね。ちゃんと覚えてるよ。近々お誕生日パーティーしようか!!


<< 怖い絵 キャンドル >>