幼馴染み

e0141270_1939406.jpg

写真を整理していたところ、幼馴染みとのスナップを見つけました。彼女の名前はBeth。昔、シカゴに住んでいた頃からの旧知の間柄です。家が隣同士で、年もたまたま同じだったので自然に仲良くなりました。

知り合ったのは小学校6年生の夏。それまで住んでいたロサンゼルスからシカゴに引越したばかりで友達もなく、自宅の庭先で一人で遊んでいたところに、彼女の方から声をかけてくれました。その時のうれしさは今でも覚えています。

学校から帰ったあとや休日はいつもいっしょ。近所のスーパーマーケットでお菓子を物色したり、庭先のリンゴの木の下にテントを張って野宿したり、ガレージや物置をアジトにしたり、庭の花壇に野菜を植えてみたりと、とにかく思いつく限りの色々な遊びをしました。お互いの家の庭は1メートル程度の高さのフェンスで区切られているだけだったので、家の敷地をぐるっと回って訪問するのが面倒な時はそれをよじ登って行き来したものです(そのせいでスカートに穴を開けたりすることはしばしば)。懐かしい思い出ばかりです。

高校卒業後、日本の大学に進学するために帰国してからは2、3年おきに遊びに行っていました。社会人になってからは仕事などの都合もあり、学生の頃のようには気軽に行きづらくなりましたが、それでも可能な限り休暇を取っては幼馴染みに会いにシカゴを訪れ、昔を懐かしみました。

ここ5年近くは遊びに行っていないので、そろそろ訪問してみたいな。そう思って時々Bethにメールするのですが、彼女はかなりの筆不精。たまに近況を聞きたくてYahoo.comのアカウントに連絡を入れても、なかなか返事が来ない。しびれを切らして一度、彼女の実家に電話をしたことがあります。国際電話は高いのに…。その時Bethはたまたま不在で、結局私は彼女の母親(ミセス・ビアルコスキ)と世間話をして電話を切りました。

Bethは今頃、何をしてるんだろう。こっちは仕事に遊びに毎日忙しいですよー、だ。
[PR]
by ppompie | 2008-03-05 22:19 | 友人 | Comments(0)


<< これって哲学? フラワーアレンジメント >>