人気ブログランキング |

『冷血』

最近知ってハッと驚いたことがあります。
それは、トルーマン・カポーティのノンフィクションノベル『冷血』のタイトルに関する説。ウィキペディアによれば、『冷血』という題名は作者が取材した実際の殺人事件の加害者を表している一方で、表向きは加害者と友情を深めながら、内心では作品の発表のために死刑執行を望んでいた作者自身を表すのではないかという見方もあるようです。個人的には、後者のほうがよりピンとくるような気がします。

ちなみに、カポーティが『冷血』以降、小説を一つも完成させることができなかったことを考えれば、彼がその作品をめぐる建前と本音の板挟みになって精神の均衡をくずしていった可能性は十分にあるかもしれません。
人間はこわいなぁ。
色々な意味で...。
by ppompie | 2013-11-27 22:36 | 本・雑誌 | Comments(0)


<< 工場見学 おもしろそうなプロット >>