人気ブログランキング |

Style & Image

e0141270_8151325.jpg

久々にファッション誌を買ってみました。

私がどの雑誌を買うかを選択するうえでポイントにしているのは、「実用的かつ教科書的でないもの」。
もちろん、載っている服が好みでなければダメ。ファッション以外で取り上げられているテーマが興味のないものばかりなのもアウトです。

「実用的」、「教科書的」というのは、コーディネートのパターンのうんちくがうるさいものです。コーディネートのパターンの数だけ、1ページにいくつもの小さな(小さすぎる)写真で埋め尽くされている雑誌は見づらいし、服のイメージやスタイルもあまり伝わってこない。正直、見る気が失せてしまいます。

そういう雑誌がまったく参考にならないわけではないし、人のおしゃれをマネするという意味ではどの雑誌を見る行為も同じだけど、本来、着こなしのパターンは自分で考えることだと私は思っています。そうでなければ、おしゃれは楽しくなってしまうから。

雑誌の提案するコーディネートを完全否定するつもりはないけど、個人的には写真集レベルの雑誌が一番おもしろいのではないかと思っています。自分の好みのイメージやスタイルを作り上げるには、おしゃれな人の着こなしのわかる写真を見るのが何よりも役に立ちますから。

自分で自分を演出すること。
それが、おしゃれの一番の醍醐味ですね。
e0141270_833526.jpg

by ppompie | 2010-09-10 08:40 | ファッション | Comments(2)
Commented by ALEX* at 2010-09-13 09:46 x
そうそうw
コーデ、コーデうるさいよね雑誌たち。
早く秋冬こないかな~
いろいろ着れる~
Commented by ppompie at 2010-09-13 12:38
気がつけばここのところ、綿素材で多少汚れてもいいものばっかり着ていたかも…
暑すぎるとおしゃれしにくい~

早く秋が来ないかな~


<< 読んだような、読んでないような・・・ カボチャ >>